flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #11「かえでクエスト」

脚本:横谷昌宏 絵コンテ・演出:堀口和樹 作画監督:清水祐実、三橋桜子、猪口美緒、小澤円、杉薗朗子、新村杏子、田村里美

【概要】

雑誌のスクープをきっかけに咲太の存在を公表した麻衣。誠意ある態度にスキャンダルは収まりいつもの日常を取り戻す。かえでは咲太と麻衣のために頑張りたいと自らの目標を設定するのだった。

【感想】

かえでが振り絞った勇気をサポートする咲太と麻衣の二人三脚がほほえましい。咲太と麻衣のことを応援するかえでが描かれてきたからこそ、自立しようとする姿がけなげに感じられる。記憶の件については思い当たるところがあるので、違和感はそれほどなかった。朋絵や理央によるリリーフがシリアスな展開を和らげてくれる。