flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ゴブリンスレイヤー 第11話「冒険者の饗宴」

脚本:倉田英之 絵コンテ・演出:川村賢一 作画監督:稲吉智重、木宮亮介、平村直紀、中村達也、ぐんそう

【概要】

牧場の外縁に無数のゴブリンの足跡を見つけたゴブリンスレイヤーは、牛飼娘に逃げるよう説得するものの拒否される。ゴブリンスレイヤーは牧場を守るため、ギルドの冒険者たちにゴブリン退治を依頼することに。

【感想】

ストイックでありながら、いやストイックだからこそ、自身の能力を謙虚に受け入れることができる。牛飼娘に逃げるよう告げたくだり、ギルドの冒険者たちに頭を下げたくだり、ゴブリンスレイヤーの人物像が伝わってきた。帰るべき場所を死守するために手段を選んではいられない。これらが下地になったからこそ、ギルドの面々総出によるゴブリン退治が見ごたえのあるものになっていた。