flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RELEASE THE SPYCE EPISODE 12「ツキカゲは永遠に」(終)

脚本:タカヒロ 絵コンテ:さとう陽、岡村天斎、沖田宮奈 演出:さとう陽、後藤康徳、鳥羽聡 作画監督石野聡石原恵治、井上和俊、岡田由起子、大庭小枝、石井かおり、丹羽弘美、工藤糸織、福島陽子、佐古宗一郎、熊膳貴志、さとう陽

【概要】

ツキカゲを排除したモウリョウの計画が実行されようとしていた。ツキカゲはモモ、楓、五恵の3名で再度の阻止を試みる。モモは待ち構えていた文鳥の女と一騎打ちを繰り広げる。

【感想】

命のダブルスパイはおおよその予想がついていたので、盛り上がるには至らず。それよりも、雪の師匠の敵を討つことになった弟子のモモという図式がきれいだった。師匠から弟子へと受け継がれていくツキカゲの精神が通底していたからこそ。雪の記憶を消去してツキカゲ新世代へと流れるエピローグも情感があって印象的。気になっていたテレジアについては、もう少し掘り下げてほしかったが。