flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」

脚本:木澤行人中本宗応 絵コンテ:佐久間貴史 演出:木村寛 作画監督:井元一彰、古住千秋、浅井昭人、みうらたけひろ、五反孝幸、熊川ありさ

【概要】

アドミニストレータとの過去について打ち明けたカーディナルは、キリトに協力を要請する。アドミニストレータの支配を甘んじて受けるか、人界とダークテリトリーをまとめて無に帰すか、カーディナルの言葉にキリトは第三の選択肢を提案するのだった。

【感想】

反旗を翻したアドミニストレータのサブプログラムであるカーディナルによって、整合騎士のルーツも含めてほのめかされてきた諸設定がつまびらかになった。世界を人々を救いたいとのキリトの理想にアリスを取り戻したいというユージオの目的が重なって、カセドラル最上階を目指してのクエストに期待が高まる。人工フラクトライトがはらむ悲劇性も含めて注目していくつもり。