flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ツルネ ―風舞高校弓道部― 第十一話「空筈の痛み」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ・演出:澤真平 作画監督:丸子達就、岡村公平

【概要】

静弥が復帰して県大会に向けて練習に熱が入る風舞高校弓道部。恩師の西園寺にあいさつに行った湊は、偶然にも雅貴と出会う。雅貴は祖父の友人である西園寺の話を聞きに来たのだった。

【感想】

雅貴の過去話から弓道に必要な心構えについて考えてしまう。空虚さが邪念を排除して射を研ぎ澄ますことができる、それは弓道家としてあるべき姿なのか。捨てきれない執着と折り合いをつけることが、指導者としての雅貴の到達点であり、その答えは湊たちに託されたということなのかも。一万射を媒介にして互いに感化しあう湊と雅貴、それが映像化されるであろうクライマックスを期待する。