flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

不機嫌なモノノケ庵 續 三ノ怪「行拶(ギョウサツ)」

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:小野克巳 演出:福田皖 作画監督:Hue Hey Jung

【概要】

隠世からエゲンという妖怪が学校を視察するために現世にやってくる。エゲンのために役に立とうと張り切る芦屋だったが、どういうわけか安倍が不機嫌そうに見えるのだった。

【感想】

無警戒すぎる芦屋と警戒しすぎる安倍のすれ違い。エゲンの来訪を介してそれぞれの気づかいが現れては消える風景がなかなかに複雑だった。モノノケ庵を保険に安倍を屋上に閉じ込めた行為こそが、妖怪たちへの純粋なまなざしゆえに危うい芦屋のポジションを象徴する。