flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 16「偉大なる死(グレイトフル・デッド) その②」

脚本:小林靖子 絵コンテ:瀬木弘正 演出:髙橋賢 作画監督:津曲大介、木下由衣、高阪雅基、森田莉奈、角田春美、田中春香

【概要】

ブチャラティによって列車外に排除されたかに見えたプロシュートは、瀕死の重傷を負いながらも何とか踏みとどまった。その姿を目の当たりにしたペッシは覚悟を決めてブチャラティに挑みかかる。

【感想】

プロシュートの瀕死でスイッチが入ったペッシの瞬間風速的な戦いぶりが圧巻だった。遠隔操作的な「ビーチ・ボーイ」の能力によってそのすごみが明快に伝わってくる。一進一退な死闘にどちらが主人公側かわからなくなるほど。死を覚悟して手段を選ばなくなったくだりを見ながら、最期までプロシュート次第だったペッシが醸し出す哀愁に泣けてきてしまう。ギリギリの瀬戸際で「ビーチ・ボーイ」を回避してみせたブチャラティが霞んでしまうほど。暗殺者チームが単独であればここまでの深みは出なかったのでは。