flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

明治東亰恋伽 第3話「ゴーストホテルでつかまえて」

脚本:髙橋幹子 脚本監修:魚住ユキコ 絵コンテ:山口ひかる 演出:堀内バロン 作画監督:野武洋行、とみながまり、秦野好紹

【概要】

春草の絵から抜け出した黒猫を探していた芽衣は、小泉八雲泉鏡花に出会う。八雲は芽衣の魂依の能力を見込んで依頼をしてくる。幼なじみの物の怪である「ジェーン」と話がしたいというものだった。承諾した芽衣は春草と2人で八雲が滞在しているホテルにやってくる。

【感想】

芽衣にとって膨大な物の怪の知識をもつ八雲は魂依としてのナビゲーターのような存在。八雲が失ってしまった能力を代替さらには拡大してみせる芽衣に、物の怪たちへの愛情が温かく伝わった。ホテルで同室になった春草とのやりとりなど、登場人物の性格に応じたコミカルでほほえましい演出も随所で飽きさせない。