flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

荒野のコトブキ飛行隊 第3話「ラハマの長い日」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:久保博志 CG演出:江川久志、鹿住朗生 作画演出:神戸洋行

【概要】

ラハマの町から火の手が上がる。「エリート興業」と名乗る一団が、ラハマが所蔵する戦闘機「雷電」を譲り渡すよう要求してきた。コトブキ飛行隊の護衛を受けることになったラハマは町を上げて徹底抗戦を決断する。

【感想】

敵役がどうにも安っぽいのは狙ってやっているだろうからよいとして。ラハマ自警団長のような男性キャラクターの存在、エンマの機体が撃墜されたこと、エンマが町長に暴言を謝罪したことなど、前回までに感じていた不満がある程度は解消されていて溜飲が下がった。これくらい目配せができるのであれば、何とかついて行けそうだ。