flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 05「Turn Time gear 《ターン・タイム・ギア》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:島津裕行、鈴木信吾 演出:立花昌之 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

パイルとコネクトの奇襲を受けたユキヤの前にタヅナが現れ、圧倒的な強さで敵を退ける。音楽イベントを楽しむことができたユキヤだったが、ハルカは何も言わなかった。タヅナがいないことを見計らったようにコネクトがユキヤを攻撃してくる。ユキヤはハルカを守るために防戦一方で……。

【感想】

コネクトそしてユキヤとハルカ、二組のコンビの幼少時が語られる。そこにパイルの願いさらにはタヅナとコヨリの過去を重ねつつ、ハンドシェイカーとなった者たちのさまざまな事情に思いをはせる。ユキヤの姉代わりを自任してきたハルカが、そのユキヤに守られることで、自身がなすべき役割に気づくであろう。かつてのコヨリに似ているというユキヤのポジションに、かつてのタヅナと現在のハルカを重ねてしまう。下地は整ってきた。