flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 06「Cherry lily Cam 《チェリー・リリィ・カム》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:鈴木信吾、横峯克昌 演出:金澤洪充 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

タヅナがいないことを見計らったコネクトが急襲してきた。ハルカの力を借りたユキヤは辛くもコネクトを撃破する。コネクトはユキヤたちに協力することになった。暗躍する「コンポーザー」の正体を突き止めるため、ユキヤはマサルと組んでパイルに勝負を挑む。

【感想】

敗れたハンドシェイカーたちが味方になるパターンは前シリーズを踏襲するもので、つながりというハンドシェイカーの精神を思わせる。マキハラとナガオカから示唆を受けたパイルについても同じく。山から星を求めてジグラートに至ろうとするスタンスは、パートナー第一だったコネクトとは似て異なるもの。ユキヤのフレキシブルな能力で旧ハンドシェイカーの戦いを拝めるのはありがたい。