flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 07「Get back boys 《ゲット・バック・ボーイズ》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:鈴木信吾、横峯克昌 演出:金澤洪充 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

マサルとのコンビでガイとマサタカに勝利したユキヤは、音楽祭への参加を決める。二人でそれぞれの趣味を楽しんだユキヤとタヅナはコヨリと合流、ユキヤは機材をタヅナに直してもらう。そこにレイジロウが現れて……。

【感想】

さまざまな新旧ハンドシェイカーたちとの交流を経て決意を固めるユキヤがメイン。タヅナとコヨリの仲に嫉妬する風でもなくハルカのことを案じる姿に安心させられた。タヅナとコヨリを踏まえたレイジロウとユキネに背中を押されるという念の入れように、前シリーズから脈々と続いているハンドシェイカーたちのつながりを感じるところ。きれいにユキヤとハルカの現在が抽出された。「前向きに」がモットーのハルカが見せる愁いがあとを引く。