flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

revisions リヴィジョンズ Case 06「だって、人だから…」

脚本:深見真/S.D.S 脚本協力:戸堀賢治 絵コンテ:新井陽平 演出:平川孝充 CG監督:平川孝充

【概要】

リヴィジョンズが送り込む機械の化け物が人であることを知った愛鈴はショックを受ける。大介とガイは仲違いしたまま。そんな時、リヴィジョンズにさらわれた大介の叔父、幹夫が戻ってくる。得られた情報からリヴィジョンズの本拠に当たりをつけた大介と慶作は独断で出撃する。

【感想】

シビリアンも同じ人間だからという愛鈴の拒絶から、周囲の人たちへの思いゆえに大介と衝突したガイの立場が重くのしかかる。先祖となる人間たちをピックアップしたリヴィジョンズだってそうかもしれないが、過去から連綿と続く血脈があって現在そして未来があるという。未来の渋谷で刹那的な高揚感に身を任せる大介がいよいよもって痛々しいが、その捨て鉢なスタンスを否定する気にはなれない。