flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

荒野のコトブキ飛行隊 第7話「ナサリンの1ポンド硬貨」

脚本:檜垣亮 絵コンテ:金子祥之 CG演出:江川久志、廣田天 作画演出:山内東生雄

【概要】

コトブキ飛行隊にも燃料を供給している油井が炎上した。消化を依頼されたコトブキ飛行隊は、ケイトが提案した爆弾での消化作戦のため現地に飛ぶ。しかし、現れた謎の戦闘機部隊との交戦を強いられる。

【感想】

燃料へのこだわりが強いケイトがそのこだわりでもって油井の危機を救う。物語に興味を示さない理屈っぽさを否定しない筆致が好ましい。だからこそ、アレンの見舞いに通う一面が映えようというもの。正確な操縦が持ち味であるキリエを信頼するからこそのミッション遂行が気持ちよい。寡黙なケイトの魅力が分かりやすく伝わったエピソード。フェルナンドとアドルフォが(それなりに)格好良く描かれていたところもポイント高し。