flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 08「呪いの盾」

脚本:田沢大典 絵コンテ・演出:垪和等 作画監督:ぎふとアニメーション、森賢、多田靖子

【概要】

疫病に苦しむ村の情報を聞いて治療に当たる尚文たち。剣の勇者が倒したドラゴンの死骸が疫病の原因であることが判明する。尚文はドラゴンの死骸を処理するため現地に向かう。ところが、ドラゴンの死骸がゾンビ化して襲い掛かってくる。食われたフィーロに自身を見失った尚文は……。

【感想】

フィーロの独断専行をきっかけに暴走する尚文を必死に制御するラフタリアという構図。やさぐれ気味ながら優しさもある尚文、生真面目でひたむきなラフタリア、無邪気で規格外なフィーロ、なかなかバラエティに富んだトリオに思えてきた。腐臭が画面から伝わってきそうなドラゴンゾンビとのアクションは、フィーロが飲み込まれ尚文がまがまがしさを振りまく絵面もあって相当なインパクト。落ち度がないにもかかわらず呪いを受ける尚文の理不尽さにラフタリアのけなげさが引き立つというもの。