flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

とある魔術の禁書目録III #21「ベツレヘムの星」

脚本:玉井☆豪 コンテ:二瓶勇一 演出:森義博、海宝興蔵 作画監督山内則康、小林利充、猿渡聖加、糸島雅彦、桜井このみ、多田和春、飯飼一幸、飯塚葉子、武元一喜

【概要】

園都市の追撃から逃れるため村をあとにした浜面と滝壺は、アクセラレータと合流する。エリザリーナによると、滝壺が回復する可能性は高いがラストオーダーは難しいという。上条はインデックスを助けるべくレッサーとのコンビでフィアンマの拠点にたどり着く。

【感想】

殺伐とした描写の連続にあって浜面と滝壺のカップルに癒される視聴感覚はこれまでどおり。上条とレッサーのコンビもユーモラスで悪くない。フィアンマのふところに飛び込む展開でクライマックスらしくなってきた感はある。浜面にアクセラレータに御坂美琴まで集結させたからには、まとまりのある物語を期待したいが。