flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BanG Dream! 2nd Season #10「R·I·O·T」

シナリオ:後藤みどり 絵コンテ:信田ユウ ライブパートコンテ:植髙正典 ライブパート演出:三村厚史 演出:なかの★陽 2D作画監督:茶之原拓也、八森優香、阪本麻衣

【概要】

合同文化祭のステージに立つことができなかったPoppin’Partyは、関係者に謝罪をして回る。たえは主催ライブを最後にRAISE A SUILENのサポートをやめることを決意する。RAISE A SUILENの主催ライブを目の当たりにした香澄たちの前に現れたチュチュは……。

【感想】

たえのショックの大きさがずしりと積もっていくかのような前半から、チュチュに入れられた喝を結節点として、主催ライブでの名演につながっていく素晴らしい構成。Poppin’Partyに愛着を抱きながら高いレベルを求めてしまうたえの複雑な内面がセリフではなく音楽で伝わってきた。ショーアップされたRAISE A SUILENのライブにはチュチュの自信ががみなぎっていて、香澄が言うように格好良いだけでなく有咲が言うとおり別人のようなたえを突き付けてくる。たえとPoppin’Partyの選択から目が離せない。