flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第9話「君にさしだす」

脚本:福田裕子 絵コンテ:安田好孝 演出:大西健太 作画監督:永田義敬、谷津美弥子、星野守

【概要】

出かけていった素晴がなかなか戻って来ない。モヤモヤを持て余したハルは暴れ始める。初めてのサイン会に挑む素晴だったが、緊張から思うように振る舞うことができないでいた。

【感想】

ハルの主観で素晴のサイン会をサンドイッチする珍しい構成。ハルとの出会いで世界が広がった素晴の象徴としてのサイン会といったおもむき。押守ななとの鉢合わせにおけるストレートさが好ましくて、少しずつ変わってきた素晴を祝福してくれるかのようだ。作家としてファンのために胸を張る、そんな勇気がななへの礼に現れていたように思う。河瀬の温かいサポートぶりも見逃せないポイント。