flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 10「DUDDY bUDDY riDe 《ダディ・バディ・ライド》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:金澤洪充、鈴木信吾 演出:山岸徹一 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

レイジロウはユキヤの望みをかなえるためにハルカのいる寮に連れて行く。待ち構えていたスーチャン=瀬馬(セバ)の相手をレイジロウがしている間に、ユキヤは自身の思いを伝えるためにハルカと対峙する。そんなユキヤをハルカは拒絶しようとするが……。

【感想】

ユキヤの特殊能力のおかげでさまざまなパートナーとのマッチングが拝めるのが本シリーズの魅力。今回はレイジロウとの父子タッグからハルカとのコンビ復活まで、世代をつなぐようなフレキシビリティを見せる。ハルカと仲直りしたユキヤを見届けていったん消滅したレイジロウによる助太刀は、苦戦を強いられたセバへの意地含みで格好良かった。レイジロウとユキネにユキヤを託したフミユキとタマリの登場による引きでドライブ感が高まる。