flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

revisions リヴィジョンズ Case 09「消失の運命」

脚本:茗荷屋甚六/S.D.S 脚本協力:戸堀賢治 絵コンテ:須永司 演出:平川孝充 CG監督:平川孝充

【概要】

チハル・イスルギを道連れに慶作が消滅してしまった。残された大介たちは険悪な空気になる。そんな中、牟田たちの一派がガイ、ルウ、泉海を人質にリヴィジョンズとの再交渉をぶち上げた。いったんは気力を失った大介だったが、黒岩たちに協力して巻き返しを図る。

【感想】

ムードメーカーでみんなの潤滑油でもあった慶作が不在という喪失感の大きさ。取り乱す愛鈴やルウやガイに対して抜け殻のようになってしまった大介が痛々しい。渋谷が狙われるこの瞬間のためにひたすらに準備をしてきた大介だったればこそ。慶作へのリスペクトゆえに気持ちを入れ替えた大介の変節にはもうひと押し欲しいと思ってしまったが、孤立無援の危機にあって足を引っ張り合う人間の本質が彼のピュアネスを際立たせてくれるのは確か。