flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 10「混迷の中で」

脚本:江嵜大兄 絵コンテ:阿保孝雄 演出:高橋順 作画監督:清水海都、大高雄太、山村俊了

【概況】

尚文がメルティを拒絶したことでフィーロは落ち込む。入れ替わるように若い兵士たちがやってくる。リユート村出身の彼らはかつての盾の勇者に助けられた恩義から、次なる「波」に際してともに戦いたいのだという。尚文は報酬と引き換えに同行を許すと告げるのだった。

【感想】

二度目の「波」に向けた静けさといったおもむきで、勇者として特異な尚文をめぐってさまざまな描写がされていく。他の勇者たちの尻拭いをさせられるのも盾の勇者の宿命かもしれないが、地道な活躍が少しずつ民衆の支持を集めていっている。同行を志願した若き兵士たちの目線はメルロマルク王やマインとは真逆のベクトルであり、ラフタリアとフィーロにしか心を開かない尚文の変化をうながすものになってほしいと願う。