flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 11「CHurch CHat CHat! 《チャーチ・チャット・チャット》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:金澤洪充、鈴木信吾 演出:山岸徹一 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

文幸=ニールセン(フミユキ)と御津珠璃(タマリ)がユキヤとハルカの前に現れる。フミユキの目的はユキヤの力をつぶすことだった。フミユキはタヅナとコヨリを呼び寄せるが、ユキヤ側にもレイジロウとユキネが加勢して混戦となる。ユキヤの事情を知ったフミユキは、ユキヤとハルカをジグラート内のある場所に連れて行く。

【感想】

前半の派手なバトルそして後半のナガオカとマユミとの出会い、ユキヤのルーツであるジグラートを舞台に見どころがふんだん。第1期『ハンドシェイカー』で敗れたタヅナとコヨリを相手に互角に戦うレイジロウとユキネに熱くなる。ユキヤの願いを守りたいという親心の強さが、ヒエラルキーをくつがえしてくれたようで。ユキヤとフミユキ、ハルカとタマリによる縦横無尽なアングルによるアクションに高揚する。ジグラート内のマユミよりもジグラート外のコヨリのほうが生き生きとしているように見え、分かたれた運命と時間の流れを感じさせた。ナガオカとマユミがユキヤをジグラート外に送り出した理由が分かろうというもの。