flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ケムリクサ Episode.11

脚本・コンテ・演出:たつき 作画:原田優、村田良典、冨澤瞬 美術:大久保聡、川治裕睦、長田泰治郎

【概要】

わかばのケムリクサ操作によって過去のビジョンを見るりん。その中では、わかばにそっくりなワカバという研究者と「さいしょのひと」りりとの交流そして別れまでが映されていた。

【感想】

りりがワカバを助けるために生み出したのが姉妹たちと想像するが、むしろわかばがりんたちを助ける場面が多くなっているのは、子供と大人の関係性ゆえだろうか。りりが作り出してしまった赤い樹がすべての元凶であるならば、姉妹たちの使命もわかばの役割もおぼろげに見えてくる。最後にりんとわかばの二人だけになり、さらにはりん一人だけになるED映像に続きが気になって仕方がない。