flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 11「災厄、再び」

脚本:田沢大典 絵コンテ:川畑えるきん 演出:藏本穂高 作画監督:ぎふとアニメーション、森賢、髙澤美佳

【概要】

新たな「波」がやってくる。他の勇者たちは空飛ぶ幽霊船でソウルイーターをおびき出すべく仲違いをしていた。尚文の機転でソウルイータ―が姿を現すが、ラフタリアやフィーロの攻撃力をもってしても歯が立たない。尚文は奥の手を使うことを決断する。

【感想】

元康たち他の勇者パーティーが登場するとチープな感じになるのはいつも通り。もっとも、尚文が鬼気迫る形相でソウルイーターを倒したくだりは、チートだからこそ胸がすくものがあった。アイアンメイデンのまがまがしさに尚文のルサンチマンが凝縮されているようだ。