flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第23話「アドミニストレータ」

脚本:木澤行人 絵コンテ:小原正和 演出:徳田大貴、丸山裕介、板庇迪 作画監督:徳田大貴、古住千秋、神本兼利、浅井昭人、小松沙奈、山本真夕子、山本由美子

【概要】

ソードゴーレムによって瀕死の重傷を負ったアリスとキリトを助けたのはカーディナルだった。積年の宿願を果たそうとするカーディナルに、アドミニストレータはソードゴーレムのおぞましい成り立ちを明かす。カーディナルは自身の命と引き換えにキリト、ユージオ、アリスを逃がすようアドミニストレータと交渉する。

【感想】

ソードゴーレムの成り立ちを知ったうえでアリスの記憶の断片によってアドミニストレータに一矢報いたユージオに泣ける。アリスへの思いをエネルギーに自身の力となすメソッドは、まさにアンダーワールドの人間たちを道具扱いするアドミニストレータへのカウンターとなるもの。人々の幸せを願うカーディナルの志を踏まえての境地に、捨て鉢とは言い切れない美しさがあった。