flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

明治東亰恋伽 第11話「シャノワールは振り向かない」

脚本:はるか 脚本監修:魚住ユキコ 絵コンテ:大地丙太郎 演出:菅井嘉浩 作画監督:中谷藍、佐々木恵子

【概要】

芽衣が夜会で着るドレスを仕立てることになった。採寸しようとした春草は巻尺を落としてしまう。芽衣は春草が忘れてしまった筆箱を学校に届けに行く。友人の横山大観は春草の異変に気づく。春草は目を患っていたのだった。

【感想】

黒猫の件はシリーズ序盤から引っ張ってきただけあって、春草の思いの強さに違和感はなかった。春草の視界そのままに漆黒に転じる演出からの芽衣との抱擁は、人知れず病に苦しんできた内面が重なって印象的なものだった。軟体動物のような動きをしながら芽衣に接近する大観、春草が捨てた絵を探すSDキャラのようにかわいらしい芽衣など、ダウナーな話運びにあってもコミカルでユーモラスな表現がそこかしこに。芽衣と春草のほうがお似合いなカップルという気がしなくもない。