flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

W'z《ウィズ》 12「Hi HOO HOOligan! 《ハイ・フゥ・フーリガン》」

脚本:八薙玉造 絵コンテ:島津裕行、鈴木信吾 演出:金澤洪充 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠

【概要】

ミドリたちを止めるために奥池に乗り込んだユキヤとハルカ。しかし、ミドリの理解を得ることはできないまま戦闘となる。いったん撤退したユキヤとハルカは、元ハンドシェイカーたちの協力を得て巻き返しを誓うのだった。

【感想】

ジグラートの資源を持ち帰るミドリもまたイレギュラーだったが、その壮絶な過去はあまりにも理不尽で辛い。父親の喜ぶ姿が見たかったという根源は、おそらくユキヤたちと変わらないであろうに。利用されるばかりの半生だったミドリが至った絶望は、もはや損得勘定を超えたもの。セバとの数奇な主従関係が、ミドリの深い孤独を示唆するかのよう。だからこそ、ユキヤとハルカのハンドシェイカーとしてのコンビ誕生がまぶしく引き立ちもする。