flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

どろろ 第十二話「ばんもんの巻・下」

脚本:小林靖子 絵コンテ:澤井幸次 演出:川奈加奈 作画監督:加藤雅之、若月愛子、首藤武夫、山田裕子、冨永拓生、細田沙織

【概要】

敵軍にとらわれてしまったどろろ助六どろろ百鬼丸に助けを求めるため脱走する。景光の手を逃れた百鬼丸は醍醐の屋敷に現れた。全てを知った多宝丸は、地獄堂で鬼神と向かい合うのだが……。

【感想】

百鬼丸の正体が景光と縫の方そして多宝丸につまびらかにされる筆致がストレートで、それが力強さを感じさせる。景光にとっての「善良さ」と縫の方にとっての「きれいごと」の間でさいなまれる多宝丸が痛々しい。鬼神から肉体を取り返すたくましさを示す百鬼丸が希望になりえないところに、醍醐の深い闇が見えてくるようだ。セリフこそ少なくとも琵琶丸の立ち回りが語り部になって物語を引き締める。