flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

revisions リヴィジョンズ Case 11「最後の希望」

脚本:アサウラ/茗荷屋甚六/S.D.S 脚本協力:戸堀賢治 絵コンテ:須永司 演出:平川孝充 CG監督:平川孝充

【概要】

リヴィジョンズの戦闘中に助けてくれた黒い異形を慶作だと主張する大介。ミロが過去に飛んでパペットも稼働できなくなってしまう。捨て鉢になるガイだったが大介はあきらめていなかった。渋谷の人々が力を合わせS.D.Sは再び作戦行動のため立ち上がる。

【感想】

大介にせよガイにせよ立ち直りが早すぎる気がしないでもない。もっとも、大介については慶作の存在が支えになっていることで、ミロとの約束にこだわっていたかつてとは別人になったことは理解できるつもり。そう考えていくと、ミロが慶作を抹消しようとしている現実は、バックアップ要員に過ぎなかった大介の真価を問うものと言えそうだ。あまりにも慶作が大きすぎて持て余す感はあるが、主人公の大介視点での見通しが良くなったとも。