flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 12「漆黒の異邦者」

脚本:田沢大典 絵コンテ:入江泰浩 演出:粟井重紀 作画監督:﨑口かおり、樋口さおり、髙橋瑞紀、大下久馬

【概要】

勇者たちの敵を公言する黒衣の女、グラスが立ちはだかる。鎗、剣、弓の勇者たちを盾の従者と一蹴したグラスの挑戦を受ける尚文だったが、圧倒され逃げ延びるのがやっとだった。対抗するにはラフタリアとフィーロのクラスアップが必要という。王宮に戻った尚文は国王から盾にあるまじき強さについて問われるが……。

【感想】

ステータスすら読めないグラスの圧倒的な強さは、ここのところ停滞気味だった物語への一石として期待したくなる。盾の勇者が疎まれる背景もなんとなく見えてきたが、ラフタリアとフィーロ以外には心を開かない尚文になぜか安心させられた。尚文の反骨心がリードする展開こそ拝みたいので。