flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ブギーポップは笑わない 第18話「オーバードライブ歪曲王 5」(終)

脚本:鈴木智尋 絵コンテ・演出:八田洋介 作画監督:長坂慶太

【概要】

ムーンテンプル最上階のモニターに映し出された寺月恭一郎は、現在の怪現象が自身と歪曲王の合作によるものだと述べる。羽原の目の前で正体を現した歪曲王の本体。そこにブギーポップと新刻がたどり着く。歪曲王はブギーポップと新刻が知る人物だった。

【感想】

どこにでもいてどこにでもいないという寺月の存在、それは人々の内面に現れては消える歪曲王にも言えそうだ。寺月と歪曲王のコラボレーションが仕組まれたものなのか偶然の産物だったのかは分からない。ひとつだけ想像できたのは、片思いを吹っ切った新刻が歪曲王のくびきから自由になったことで、金の心とはまさにそんな境地ではなかったか。思い人にさいなまれる田中と新刻を対置するとおぼろげながらも見えてくるものがある。