flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第24話「ぼくの英雄」

脚本:木澤行人 絵コンテ:小野学 演出:佐久間貴史、小野学 作画監督:前田達之、みうらたけひろ、伊藤公規、古住千秋、チョン・ヨンフン、秋月彩、水野辰哉、平岡紘徳、大高美奈、監物ケビン雄太、熊川ありさ、神本兼利、鈴木豪、山本由美子

【概要】

カーディナル、ユージオ、アリスが倒されてしまう。キリトは単身でアドミニストレータに立ち向かう。アンダーワールドの全てを知り尽くしたアドミニストレーターの強さは圧倒的。絶体絶命のキリトに瀕死のユージオが力を貸す。キリトによって大ダメージを受けたアドミニストレータは逃げようとするが……。

【感想】

クライマックスらしく、キリトとアドミニストレータの最終決戦は、作画演出とキャストの芝居ともに熱のこもった仕上がり。忘れていたユージオとアリスとの思い出からキリトが力を得る流れに胸がいっぱいになった。半年後の3クールめ、アリスの名を冠したと思しきアリシゼーション計画ゆえの新展開だろうが、キリトにとって大きかったユージオの存在がどう関与してくるのかが気になる。