flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)真夜中のオカルト公務員 #1「新宿上空の天狗と天使」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:たもつ葉子(KADOKAWA「コミックNewtype」連載」) 監督:渡邊哲哉 シリーズ構成:樋口達人 助監督:大石康之 オカルト考証:三輪清宗 キャラクターデザイン:伊藤依織子 アナザーデザイン:伊藤依織子、鈴木勘太 プロップデザイン:伊藤依織子、江上夏樹 美術設定:青木智由紀、イノセユキエ、泉寛 美術監督:三原伸明、色彩設計:小野寺笑子 撮影監督:田村仁、姫野めぐみ 編集:吉武将人 音響監督:鶴岡陽太 音楽:Evan Call 音楽制作:ポニーキャニオン 音楽制作協力:ミラクル・バス アニメーションプロデューサー:柴宏和 アニメーション制作:ライデンフィルム

キャスト

宮古新:福山潤 榊京一:前野智昭 姫塚セオ:入野自由 仙田礼二:遊佐浩二 狩野一悟:櫻井孝宏 琥珀土岐隼一 ユキ:山本和臣

 

脚本:樋口達人 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:大石康之 作画監督:江上夏樹、浦島美紀、伊藤依織子

【概要】

新宿区役所の夜間地域交流課に配属された宮古新は、先輩職員の榊京一と姫塚セオに連れられて、いきなり夜間の現場仕事に出かけることに。仕事の内容は「アナザー」と呼ばれる妖精や天使や妖怪といったオカルト的存在にまつわる事象の解決だった。

【感想】

アナザーたちが巻き起こす騒動が人間社会に影響する、すなわちアナザーたちの問題が人間社会に直結する、そのよろず解決というコンセプトがお仕事ものとしての可能性を感じさせる。アナザーたちとコミュニケーションがとれる新のイレギュラーが天狗と天使の争いをつまびらかにして解決をもたらすクライマックスは気持ちが良いもの。作品世界の紹介という面でも過不足なし。