flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)RobiHachi #01「旅は道連れ Journey to the Star」

スタッフ

原作:馬谷たいが 監督・音響監督:高松信司 シリーズ構成:金杉弘子 キャラクターデザイン:八尋裕子 サブキャラクターデザイン:むらせまいこ、宮川知子 総作画監督:八尋裕子、宮川知子、長澤翔子 コンセプトデザイン:三沢伸 メカニックデザイン:いしはらいくろう 色彩設計:勝田綾太、山本真希 美術監督:春日礼児 撮影監督:楊暁牧 CG監督:石井雄一 編集:藤本理子 音楽:山田知広 音楽プロデューサー:堀切伸二 音楽制作:ポニーキャニオン アニメーションプロデューサー:安藤春香 アニメーション制作:スタジオコメット

キャスト

ロビー・ヤージ:中井和哉 ハッチ・キタ:河本啓佑 JPS-19(イック):阪口大助 ヤン:杉田智和 アロ:木村昴 グラ:徳留慎乃佑

 

脚本:金杉弘子 絵コンテ・演出:高松信司 作画監督:髙橋はつみ、飯田清貴、高橋敦子

【概要】

泥棒を追いかけていたロビー・ヤージは通りかかったハッチ・キタに助けられる。ロビーの自宅まで借金の取り立てにやってきたハッチ。そこにロビーに金を貸していたヤンたち三人組が迫ってくる。宇宙船で逃亡したロビーだったが、成り行きでハッチを道連れにしてしまうのだった。

【感想】

軽妙なキャラクターの芝居を軸に転がるようなテンポで面白おかしく見せてくれる。すっかり定番となったロビーとハッチの年齢差ならびに性格差バディの構図に、合体ロボまで飛び出す闇鍋風味が持ち味といったところ。刺激を求めての観光がテーマということで、ロードムービーならではの妙味を期待する。「イセカンダル」を目指す宇宙の旅といったパロディてんこ盛りを承知で楽しんでいきたい。