flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

この音とまれ! #2「資格の在処」

脚本:久尾歩 絵コンテ・演出:奥野浩行 作画監督小川浩司

【概要】

愛が入部して2人になった時瀬高校箏曲部。武蔵は部員勧誘の発表で演奏するが、緊張でうまくいかない。そこに1年の鳳月さとわが入部を希望してくる。箏の家元の令嬢であるさとわは、話題作りのため箏曲部を全国一位にしてやると宣言するのだが……。

【感想】

初回で対置された愛と武蔵それぞれの箏への思い入れが、台風の目のようなさとわによって増幅される。愛は箏を大切にしなかった頃の後ろめたさ、武蔵は先輩たちと目指した目標への心残り。箏に関しては完璧で自身に満ち溢れたさとわだからこそ、愛と武蔵の内面が引き出される。箏に対するかかわりこそ違えども、その先はきっと交差するのだと。愛が頼み込んだ箏の修理に加わった武蔵とさとわ、3人による輪が象徴的。