flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 15「ラフタリア」

脚本:江嵜大兄 絵コンテ:阿保孝雄 演出:工藤利春 作画監督:ぎふとアニメーション、森賢、大高雄太、小松沙奈、清水海都

【概要】

イドルはかつてのラフタリアたち亜人の子供たちを虐待した憎むべき人物だった。怒りに燃えるラフタリアだったが、尚文の言葉で思いとどまる。ラフタリアは反撃に転じたイドルを図らずも突き落としてしまう。尚文一行は亜人の子供たちが捕らわれていた地下を訪れる。

【感想】

尚文との出会いで成長したラフタリア、ラフタリアとの出会いで変化した尚文、過去の凄惨な思い出を癒すかのような二人の交換が染みてきた。盾の勇者に憧れる亜人の子供たちのまなざしが、絶望に覆われたメルロマルクにおける一筋の希望のように感じられる。王女としての無力をかみしめるメルティの内面もしっかり伝わってきて、エピソードごとの連携がとれていることが分かる。だからこそ、マインあるいは元康まわりのコミカルな演出はそぐわないと改めて思うのだった。