flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キャロル&チューズデイ episode:02「Born to Run」

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:岡本学 演出:三宅将平 作画監督:水畑健二、大貫健一

【概要】

キャロルの部屋で共同生活を始めたチューズデイ。キャロルは上等なピアノでチューズデイとの自作曲を演奏してみたいという。グランドピアノがある火星移民メモリアルホールに忍び込んだ二人は演奏を始める。その姿を撮影した動画が拡散され……。

【感想】

刺激的な描写があるというわけではないが、登場人物まわりの組み立てが丁寧で、意気投合して音楽を始めたキャロルとチューズデイの喜びがめいっぱい伝わってくる。ゆえに、そのパフォーマンスを真空パックしたかのような動画の拡散がビビッドに体感された。階段を上り始めた二人のストーリーにじわじわと高揚しつつ、AIの申し子たるアンジェラとのコントラストも変わらず明快で、物語上のシンクロが楽しみになる。