flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 16「フィロリアルの女王」

脚本・絵コンテ・演出:中山竜 作画監督:普津澤時ヱ門、石毛理恵、諏訪真弘

【概要】

イドルがよみがえらせた魔物が襲い掛かってくる。フィーロが狙われていると気づいた尚文は、魔物を町の外の沼沢地におびき出す。一斉に魔物に挑みかかるが、ダメージを与えられず苦戦を強いられる。そのときフィロリアルの大群が現れ、一体の巨大なフィロリアルが魔物を圧倒する。

【感想】

尚文一行による魔物とのバトルは、動画からレイアウトまで迫力ある気合がみなぎった仕上がり。後を受けたフィトリアによる無双が際立つというもの。呪われた力は使うな、四聖勇者は仲直りしろ、フィトリアのセリフの数々は、現在の盾の勇者が置かれた立場を考えると理不尽なことこの上ないが、尚文が超えるべきものがあるというなら見てみたくなる。ラフタリアにフィーロそしてメルティという心強い仲間たちがついているのだから。