flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

鬼滅の刃 第四話「最終選別」

絵コンテ:白井俊行 演出:下村晋矢 作画監督:鬼澤佳代、遠藤花織、松島晃、塩島由佳

【概要】

大岩を切った炭治郎は鱗滝から送り出され最終選別の場にやってくる。最終選別の内容は鬼たちがはびこる山中で七日間生き延びるというものだった。東に向かう炭治郎は二体の鬼を倒すが、そこに巨大な異形の鬼が現れる。その鬼は鱗滝の弟子たちを食ってきたのだという。

【感想】

捕食者である鬼たちが人語を話すという設定が面白い。ともすれば感情移入のきっかけにもなりそうなので、今のところは一方的な鬼たちとの関係性が気になるところ。同時に、炭治郎を気づかってか捕食衝動を抑えながらも話すことができない禰豆子の姿が哀愁を帯びてくる。多くの弟子たちを失いながらも炭治郎を鍛え上げた鱗滝の苦しい立場も。