flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

消滅都市 第4話「誘惑」

脚本:入江信吾 絵コンテ:宮繁之 演出:高村雄太 作画監督:三好和也、小林明美

【概要】

タクヤを守ろうと「セカンドロスト」と呼ばれる大爆発を引き起こしたユキ。重傷を負ったタクヤが治療を受けている間、ユキとギークは身の安全のためにエイジの自宅に保護されることに。そこに刑事のリョウコが訪ねてくる。ユキは自身の過去をリョウコに打ち明けるのだった。

【感想】

登場人物が増えてややこしくなりそうなところ、ユキへのフォーカスがぶれないので混乱することがない。今回は組織の真相を追いかけるリョウコがメインで、ロストをめぐる陰謀の一端がつまびらかになった印象。自身の境遇を重ね合うユキとリョウコの交換が、組織の恐ろしさと両者の悲しみを引き立てる。ユミコによるタクヤへの感情はユキにとってのささくれのよう。