flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第四話「地に足つかねば願い達せず」

脚本:宮本武史 絵コンテ:のりみそのみ 演出:大塚隆寛 作画監督:橋本航平、大滝那佳、樋口佳純、中澤あこ

【概要】

突如として出現した強力な煩悩によって深手を負った梵天だったが、薬師如来の治療で回復する。これまでとは異質は煩悩の出現を受けてバカンス中の大日如来を呼び戻すことに。地蔵菩薩不動明王が指名されるが、汚名返上と梵天も名乗りを上げる。釈迦如来帝釈天の同行を条件とするのだった。

【感想】

原宿の街を珍道中な帝釈天梵天のコンビがほほえましい。梵天が負傷したことで帝釈天の感情が、帝釈天と因縁浅からぬ阿修羅王の姿を見たことで梵天の感情が、それぞれ変化したのだと想像する。帝釈天梵天それぞれの擬態が少年と少女であることで、潜入捜査に奥行きが生まれるところに妙味がある。