flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

この世界の果てで恋を唄う少女YU-NO第5話「悲劇の螺旋」

脚本:大知慶一郎 絵コンテ:今井翔太 演出:ふじいたかふみ 作画監督:北村友幸、清水直樹、川島尚

【概要】

亜由美を救おうと何度もリフレクターデバイスでやり直そうとするたくやだったが、ことごとく同じ結末を迎えてしまう。香織から持ちかけられた取引を思い出したたくやは、ブルーカードと引き換えに豊臣に関する情報を入手して、再び亜由美のもとへ向かうのだった。

【感想】

気が滅入るようなリピートの末にブレイクスルーを果たしたたくやの精神力に感服する。香織の情報を起点に豊臣の暗躍がつまびらかになったことで、亜由美の行動にタイムラグが生じたように思えた。最後に教室を飛び出したときの武田絵里子の反応の変化は、たくやの行動パターンのそれを反映した結果かもしれないが、たくやの亜由美への一途な思いが結末を変えたと解釈しておきたい。そのほうがロマンティックなので。