flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

真夜中のオカルト公務員 #5「都庁展望室の異世界エレベーター」

脚本:池田臨太郎 絵コンテ:酒井かずお 演出:石郷岡範和 作画監督:石崎裕子、佐賀野桜子、池田志乃、角谷理

【概要】

都庁エレベーターの展望室が異世界につながっているという都市伝説にアナザーが関与しているかもしれない。現地にやってきた新、榊、セオは、手分けして南北エレベーターの調査をすることに。北エレベーターの展望台に上がった新がアナザーに捕まってしまう。

【感想】

人間の感情を記憶もろとも吸い取ってしまうアナザー、パンドーラ本体にそんな自覚はみじんもないところが恐ろしい。人間たちが生きてきた証である感情の範囲外にあるアナザーの本質が、新が受けたショックを通じて生々しく伝わってきた。アナザーと会話ができたところでコミュニケーションできるとは限らない。ここからが新と夜間地域交流課にとって本当のスタートという感じがした。