flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RobiHachi #05「地獄の沙汰もドン次第」

脚本:金杉弘子 絵コンテ:葛谷直行 演出:殿水敦子 作画監督:山中いづみ、小笠原憂

【概要】

ハッコーネの関所に到着したロビーとハッチとイック。関所を通過するには通行手形がいるという。ハッコーネの裏ボスと呼ばれる人物が通行手形を発行してくれるとの情報を入手したハッチだったが、ドンに会った者たちは抜け殻のようにされてしまうという。

【感想】

ロビーとは異なるベクトルでの自由奔放さを発揮するハッチの活躍で面白みがアップした。行き当たりばったりの突破力はロビー、地道なリサーチはハッチという役割分担になりそう。ロビーが関与したカパ子がハッチが探していたドンゆかりの人物という展開が象徴的。板挟みになるイックのリアクションがいちいちユーモラスで楽しい。凸凹トリオの魅力がじわじわと出てきた感じ。