flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 18「連なる陰謀」

脚本:田沢大典 絵コンテ:垪和等、小松達彦 演出:村田尚樹 作画監督:諏訪基弘、世良コータ、園瀬基、大下久馬、山村俊了、ぎふとアニメーション、Studio Bus、森賢、Choi Kyung-seok

【概要】

フィトリアからのメッセージを受け他の勇者たちと話し合うことを決めた尚文。門に向かうとそこには元康が待ち構えていた。説得を試みようとする尚文だったが、元康は聞く耳を持たず攻撃してくる。その時、フィーロは上空から降ってくる何かに気づく。

【感想】

尚文には地道に話し合ってほしかったが、こちらのほうが洗脳されているとしか思えない元康には無理な相談と思い直す。勇者たちどころか王族すらも亡き者にしようとする教皇の登場によって勇者同士の仲直りどころではなくなってしまった。聞き分けない元康やマインたちをも守ろうとした盾の勇者のアティチュードが次なる展開を引き寄せたのかもしれない。そろそろ盾の勇者が悪魔扱いされる真相の一端でも拝みたいところだ。