flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

真夜中のオカルト公務員 #6「悪魔と喪失感」

脚本:三輪清宗 絵コンテ:福田道生 演出:髙田美里 作画監督:吉田肇、西田美弥子、鈴木春香、角谷理、東美帆、清水勝祐

【概要】

行方不明事件の被害者の一人、柴裕子が目を覚ました。当時「黒い砂」を見たという証言から、榊は自分の姉をさらったアナザーとの同一性を疑う。榊からアナザーの言葉を聞きたいと協力を求められた新は引き受けることに。新は仕事前に幼なじみの松野泉美と祭りに出かけるが……。

【感想】

同じように大切な人をさらわれてしまった新と榊のシンクロから見えてくるもの。アナザーに関与したリスクというわけではないだろうが、人間とのブリッジになりうる新が試される展開と言えそう。新を気に入っているようで意に反する琥珀の気まぐれは、アナザーとのコミュニケーションが容易ではないことを突き付けてくる。悪意がありそうでなさそうなところが恐ろしい。人間の女との幸せを求めての悪魔の所業が象徴するかのよう。