flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

この世界の果てで恋を唄う少女YU-NO 第7話「タタリ騒動の元凶」

脚本:平川哲生 絵コンテ:こでらかつゆき 演出:嵯峨敏 作画監督:立田眞一、高原修司、佐藤元昭、村上直紀

【概要】

たくやが飛ばされた新しい並列世界は、これまで経験した世界と異なっているという。たくやは父親の遺品を届けるために龍蔵寺の自宅を訪ねる。そこはタタリ騒動が噂になっている場所だった。

【感想】

亜由美を助けるために心を砕いたこれまでとは大きく雰囲気が変わった。過去エピソードで描かれた細部まで覚えているわけではないが、新しい並列世界の探索は地味ながらも新鮮な視聴感覚を伴うもの。リフレクターデバイスとともに並行世界の真相を託されたたくやのストラグルが伝わってくる展開を期待してしまう。