flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Fairy gone フェアリーゴーン 第7話「がんこな鍛冶屋と偏屈ウサギ」

脚本:十文字青 画コンテ・演出:高村彰 作画監督:野田友美、秋山有希、山方春香、小笠原憂、井上裕亮、小島明日香、福井麻記

【概要】

再び新型人工妖精の誤作動が起こり、軍部と妖精省の関与のもと原因究明が進められるが、原因は分からないまま。マーリヤとフリーはスウィーティーから協力を求められる。それは、黒の妖精書を落札したというグイ・カーリンの幹部、ギルバート・ウォーロックと交渉するというものだった。

【感想】

さまざまな登場人物をまんべんなく描写することで、作品世界をつまびらかにしていく。しかしながら、そこに沸き立つような高揚感を覚えることはない。物語的に難解というわけではないし、情報も過不足ないとは思うのだけど、芯となるキャラクターが不在ゆえの散漫さはいかんともしがたい。マーリヤとヴェロニカ、あるいはフリーとウルフラン、せっかくの因縁をもっと強調してくれれば吸引力が上向きになりそうだが。