flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

真夜中のオカルト公務員 #7「喪失感と絶望の証明」

脚本:三輪清宗 絵コンテ・演出:伊東優一 作画監督:青野厚司、門智昭、冨澤和雄、鈴木勘太

【概要】

新だけではなくセオも榊の姉を助けるため協力することになった。手がかりをたどった新たちの前に琥珀が現れる。さらわれた女たちは悪魔アザゼルの儀式に使われていた。琥珀によってアザゼルのもとに連れて行かれた新たちは番犬ケルベロスに追いかけられる。

【感想】

悪魔でありながら人間と結ばれたいと願うアザゼルは、人間でありながらアナザーと会話できる新のネガポジ反転に思えなくもない。そんな新とアザゼルのコミュニケーションがついぞ描かれることがなかったのは、人間とアナザーの交流の難しさそのものを示唆しているのかもしれない。新たちをケルベロスに襲わせて楽しむ琥珀のスタンスが物語るかのよう。いけにえにされた女たちのパーツが戻っていく描写があっさりだったのには拍子抜けしたが、どうやら続きがありそうなので次回以降を待ちたい。