flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

この音とまれ! #8「みちしるべ」

脚本:久尾歩 絵コンテ:水野竜馬 演出:加藤顕、水野竜馬 作画監督:梶浦紳一郎

【概要】

わだかまりを解いた妃呂を加えた時瀬高校箏曲部は、来るべき関東邦楽祭に向けて『六段の調』に取り組む。そんな中、いきなり箏曲部にやってきた姫坂女学院の鳳かずさは、武蔵とさとわを明陵高校の合同勉強会に招待する。場所となる明陵高校にやってきた箏曲部の面々だったが、武蔵は思うところがあるようで……。

【感想】

『六段』と向き合おうと悩める愛が奏でる音色が、さとわによる音色を介して部員たちに拡散していく。過去を吹っ切った妃呂が象徴するように、居場所を見つけた部員たちの喜びが調べとなって時瀬高校の箏曲部を包んでくれるかのよう。台風の目よろしく現れたかずさへの態度に、さとわが得たものの尊さが現れていた。愛の祖父である源の精神が部員たちのさまざまなポジションに反映してこだまする。先輩から受け継いだ箏の楽しさでもって部員たちを支えてきた武蔵の愁いすら、新たな息吹を予感させるもの。教室でやりとるする二年生の武蔵と妃呂、一年生の愛とさとわ、二組のペアの対置が新たなステップを象徴。